お得なのはどっち?!免許の取り方を比較してみた

>

大変だけどすぐに取れる?合宿の場合

短期集中でサクッと取得!

合宿免許の最大のメリットは、普通車ATであれば約2週間程度で運転免許を取得できてしまうように、非常に短期間で免許を取得できることです。
宿泊施設に泊まりながら毎日集中して教習をうけることができるので、短期集中型が得意な方にはもってこいの方法です。

また、通学免許の場合は技能教習を受ける際受付などで予約を自分でしなくてはいけません。
しかも、次に乗車できるまでの期間が非常に長く、運転のコツを忘れてしまう、なんてこともあります。
しかし合宿免許の場合、事前に配車され技能教習が予約されていますから、自分で予約する必要もなければ待たされることもありません。

さらに、費用も一括で払えば基本的に追加料金は無く、しかも通学免許よりも安いことが多いです。

合宿ならではのデメリットとは

合宿の場合はまとまった2週間程度の休みがなければ参加することができません。
なので、長く家を空けられない方などには不向きと言えます。

また、通学免許がマイペースに進められるのに対して、合宿免許では言わば詰め込み学習をするわけですから、技能や学科が中途半端な理解のまま進んでしまう、すぐに覚えられず身につかないという事態になることも。
進み方が早いのを好まない方には少々辛いと感じるかもしれません。

また、合宿の場合は様々な人と共に生活します。
コミュニティが広がる利点もありますが、対人関係がストレスに感じたり、苦手な人と2週間ずっと一緒にいなくてはならない、なんてこともあるかもしれません。
そういったことを煩わしく感じる方でしたら、マイペースに通学するか、合宿免許の1人部屋プランを利用するのも1つの手段です。


TOPへ戻る